Top > Brand > PIERRE KUNZ

PIERRE KUNZ 【ピエール・クンツ】
レトログラードの魔術師

1959年スイスのベルンで生まれたピエール・クンツは少年の頃から高度な機械式時計に強い関心を抱き、ヴァレ・ド・ジューの時計学校に入学した後、そこで現在の彼の名声を支えるさまざまなコンプリケーション・ウォッチの技術を習得しました。

時計学校を卒業後、彼は数年間を名門工房として知られざるヴィクトラン・ピゲの一員として過ごし、パティック・フィリップ向けのパーペチュアルカレンダーをすべて手作りで製作していました。

その後独立して工房を構え、古い時計の修復に携わりますが、グランド・コンプリケーションへの思いは募る一方でした。やがて著名な時計ブランドから誘いを受けた彼は、メーカーの時計師として開発に携わり、腕に一段と磨きをかけました。

Papillon
パピオン
3,622,500円
Cupidon
キュピドン
1,050,000円

1997年からフランク・ミュラーの工房で働くようになったピエール・クンツがユニーク・ピースの製作に取り組んでいたときのことです。ついに大きなチャンスが巡ってきました。ピエール・クンツのアーティストとしての飛び抜けた才能に注目したフランク・ミュラーやウォッチランド・グループマネージャーが、新しいブランドを創設するようにすすめたのです。

彼に全幅の信頼を寄せたウォッチランド・グループは、ピエール・クンツの名で彼自身の創作するオリジナル・モデルを作る許可を無条件で与えました。

2002年からウォッチランドで自身のブランドを立ち上げたピエール・クンツは、情熱的に複雑時計の製作に取りかかりました。その特徴は、すべてのモデルに秒、分、時間、曜日などのさまざまなレトログラードを搭載することであり、彼の並はずれた力量は、伝統とモダンを巧みに組み合わせた独特の手法に発揮され、コンテンポラリーでありながらクラシックというふたつの性格を両立させた新しい時計デザインを誕生させました。

ピエール・クンツは、技術的な完成度の高さと芸術的なデザインの完璧な融合に挑みつづけ、今日に至るのです。

ピエール・クンツ
PIERRE KUNZ ブランド公式ページ